yoshi's blog

ハイローが熱い 情報系大学生の忘備録

8080ポート停止の仕方(eclips+tomcat使用時のエラー対処)

ECサイトを作りたくてJavaEEの学習をしているのですが、eclipstomcatをサーバとして使用している中で、実行したくても8080ポートを使用中のためサーバーが起動が出来ないという場面に何度か出くわしたので対処方を記録。

 

1)PIDの確認

$lsof -i:8080

実行結果としては下の内容

COMMAND PID            USER    FD    TYPE                DEVICE SIZE/OFF NODE NAME

java           2447  [usersname]  47u IPv6 xxxxxxxxxxxxxxx           0t0      TCP     *:http-alt (LISTEN)

 

2) PIDが2447だったので指定してkill

$kill 2447

2)実行後に1)を実行しても何も表示されなくなってるはず。

これでサーバの再利用設定可能。

 

公開鍵認証を用いたSSH接続設定(mac)

sshLinuxサーバーへ接続する
 

設定

①鍵ペアの作成

コマンドで入力する。

$ssh-keygen

 :の後にパスフレーズを入力。流れは以下の通り。

f:id:YOSHI_0:20180803144924p:plain

②公開鍵をリモートホストに配置

公開鍵を対象サーバーの~/.ssh/authorized_keysに配置する。

$ssh-copy-id ユーザ名@リモートホスト名(ドメイン名)

  ②の補足

  ここでコマンドがなければ 

$brew install ssh-copy-id

でダウンロードする。

 

接続

①ログイン

$ssh ユーザ名@リモートホスト名(ドメイン名)

 ②ログアウト

$logout

 

ファイルのMIMEタイプを確認・変更

svnで管理してるファイルの操作で使用した。

 

ファイルのMIMEタイプの確認

$svn propget svn:mime-type file.jpg

 

ファイルのMIMEタイプをjpegに変更

$ svn propset svn:mime-type image/jpeg file.jpg

GitHub初心者が引っかかった小さな疑問

GitHubの知識がほぼ無い初心者が「なんだこれ?」と、ちょっとでも引っかかった部分に対する回答メモ。追加で増えていく予定。

 

①登録編

f:id:YOSHI_0:20180626112631p:plain

・Help me set up anorganization next

会社アカウントを作るかどうかの確認。

 

②操作編 

f:id:YOSHI_0:20180626112938p:plain

・Initialize this repository with a README

リポジトリの中にあらかじめREADMEファイルを作成しておく場合にチェックする項目。

 

ディレクトリ内の複数の.txtファイルを一つのファイルにまとめる

 

macで"1.txt"と"2.txt"と"3.txt"の中身を全部まとめた(統合した)"all.txt"ファイルを作るっていう話です。

".csv"ファイルでもできたはず。(追記:できました。)

windowsのバッチファイルのようにクリックで実行される形式にした。

 

手順は

①まとめたいファイルを一つのフォルダに入れる

②まとめるための"merge.command"ファイルを作って①と同じ場所に入れる

③"merge.command"の実行権限を設定する

④コマンドをクリックして実行→フォルダにできた"all.txt"の確認

 

 

①説明もいらないんじゃないかってレベルだけどまとめたいファイルをフォルダに入れる。

f:id:YOSHI_0:20180526105225p:plain

 

merge.commandの作成

以下をテキストエディタでもemacsででもいいからコピペして保存。

①と同じところに配置。

#!/bin/bash
MY_DIRNAME=$(dirname $0)
cd $MY_DIRNAME
cat *.txt > all.txt

 

③この状態で"merge.command"をクリックしても実行権限がないため実行できない。

 ターミナルで①のフォルダまで移動して以下を入力。実行権限を得る。

$chmod u+x merge.command

 
④フォルダから"merge.command"をダブルクリックすると"all.txt"が作成されます。
 
 
 
 
(わざわざバッチファイル的要素を付け加えずに、ターミナルで$cat *.txt > all.txt
 を実行したらまとめたファイル自体はできるんですけどね。)
(ちょっとwindowsの人に複数csvを統合するバッチファイルを送る必要があったので、ついでにmacでも試してみました。)