yoshi's blog

最近、映画館に行くのにはまってます。

LaLaLandにおける結婚とは

※現在公開中のLa La Landネタバレ含みます。

 

この映画を一緒に観た人に言われた。

●"夢"と"恋"の二つをテーマにした作品として"夢"には共感する部分があり泣けたが"恋"に関しては気に食わなかった。

●切なさ優先の、もう叶わない"恋"という形にしたいが為にミアを結婚させたのではないか。なぜそれはセブではいけなかったのか。

●ミアの女優業は軌道に乗ったばかりで、まだまだ仕事に生きさせてほしかった。

●作中"ジャズ界の革命"というエピソードがあり、これはこの作品の"恋愛映画の革命"を意識したものだと思って観ていたが、結局古くからある女は結婚という形で終わって残念だ。

 

この疑問や意見に自分なりに答えを見つけようとしたのがこの記事である。

 

***

  

‪夢を叶えようが諦めようが人は大人になる。

ミアが序盤で「私達ももう大人にならないと」って言ってるから彼女の自己申告によると夢を追ってる過程のセブもミアも今は子供で、その後ふたりはそれぞれ夢を叶えて行くわけだけど、夢を叶えて女優になったミアは大人になって、大人になったからこそ子供が生まれた。ラストのミアのシーンは結婚というより子供というのが重要キーワードだったんじゃないかと言うのが私の意見だ。‬


‪作中描書かれていることの全て意味があるものだと思う。逆に言うと書かれなかったのは意味がないからだ。

「ママお絵かき大好き。手伝わせて」「シッターさんと仲良くね」

と子供と触れ合うシーンは多々あり、家に戻って真っ先に駆け寄ったのも子供。

確かに夫婦で出かけるのがメインのシナリオだけど結婚式のシーンも写真もない。

 

何が言いたいかってミア(女)は結婚したっていう結婚というワードに引っかかりを覚えすぎじゃないかな。

 

もしもの世界でセブとミアは結婚して子供が生まれた。なんなら子供を身ごもったシーンもある。多分セブは二人でならゆっくりと大人になっていけたっていうことじゃないだろうか。‬
‪ミア一人でも大人になれるけどセブは二人じゃなきゃ子供のままなんだ。それが悪いのか分かんないけど。‬


‪ミアはずっと大人にになる事を意識してた。その立ち回りを女に任せたことも引っかかりを覚えるかもしれないけど、この映画は"男"と"女"というより、夢を叶えて"大人"になった子と夢を追い続ける"子供"の話なんじゃないだろうか。

そもそもミアは大人にならなきゃと考えてる時点でもう子供ではないのだと思う。
‪ラストでセブを振り返って笑うシーン。恋愛絡みの未練とかどうこうじゃなくてミアにとっては子供の頃の思い出を懐かしむだけのものなんだよ。‬

 

‪また*女の子が夢の国(ララランド)から出て行きましたね(・ω・`)あちゃー‬
*‪ヒント:ナルニア国物語

‪でも大人にになる事が悪い事って訳じゃないし、多分、ほっとけばいつまででも子供なセブ(男)を大人にする事が出来るのはミア(女)だけって意味もあるかもしれない。

 

とりあえず

LaLaLandにおける結婚とは、大人になったという象徴じゃないだろうか。

という話でした。

 

‪でも分かんないんだよなー。‬
‪子供もステキだし大人も悪くない気がする。‬
‪大人になる事はアンハッピーエンドなんでしょうかね。‬